防火対象物点検 防火管理 消防計画

HOME/防火対象物点検 防火管理 消防計画
防火対象物点検 防火管理 消防計画
防火対象物点検とは
点検報告対象                   防火対象物とは
点検から完了までの流れ
東京防火管理の特長
東京防火管理Q&A

防火対象物点検 防火管理 消防計画
防火管理者の受託
自衛消防訓練の支援
消防用設備等の設置                保守点検
FPコンサルティング
点検後に                  改修を要した事例

防火対象物点検 防火管理 消防計画
木材の不燃処理
個人の方へ(防火点検)

防火対象物点検 防火管理 消防計画
代表者挨拶
会社概要・地図
TbKニュース

防火対象物点検 防火管理 消防計画
火災のリスク
お客様の声
見積もり                         お問い合わせフォーム

防火対象物点検 防火管理 消防計画
    木材の不燃処理
不燃処理加工、不燃液の販売

当社は、可燃物である木材を特殊技法を加えて不燃・準不燃・難燃処理を行った木材も販売しております。

不燃処理は鞄本防災化学研究所が独自に開発した不燃剤を含浸装置内で木材を減加圧させることによって不燃等加工を施します。この技術は国土交通大臣認定番号を取得しております。

また、綿布や和紙に塗布して燃えにくくする防炎剤も販売しております。

いずれの技術も国土交通大臣認定番号を取得しております。

1.木材の不燃処理加工
木材の不燃処理加工には不燃・準不燃・難燃処理の3種類があり、薬剤の濃度・処理圧力等によって処理方法が違ってきます。

不燃処理から木材加工、乾燥、塗装、出荷、納入まで一連の工程で見積りします。

詳細
木材の不燃処理加工

2.防炎剤販売
防炎剤販売 綿布や和紙に塗布するかんたん防炎剤ボーエンドβ(MC-8000)は、天然繊維・天然パルプ紙、木材などの浸透性のある素材に塗布することにより、素材内部に浸透吸着し、乾燥後に「素材自体の燃焼性を減少(防炎・難燃化)させる」水溶性の液体です。

この液体は、塗布後無色透明で表面に膜層を形成しませんので、素材が持つ通気性や柔軟性等の特性や外観、特に木材の場合は、"木の香り"を保ちます。

使用方法も、浸漬、スプレー、刷毛塗り等の簡単なもので、塗布乾燥後の素材は炎に触れても可燃ガスの発生を抑制し燃焼を遅延させる働きを有するものであります。
また、安全性も高く、シックハウス規制もクリアする商品ですので、幼児、乳児、お年寄りにも安全で安心な商品です。

健康志向が高まる中、木材、布、紙などの天然素材は私達の生活空間にますます普及しております。これらの燃えやすい性質を、ボーエンドβで難燃化し、火災リスクを減少させ大切な家族と財産を守ります。
防炎剤販売

個人宅の防火点検も承っております。

販売店を募集しております。
03-3887-8078
不燃化担当まで

東京防火管理 このページのTOPへ戻る

COPYRIGHT(C)2007 有限会社東京防火管理 ALL RIGHTS RESERVED.